害獣を駆除する人

被害が大きくなる前に業者へ依頼

Author: cloudscomic.com  :  Category: 駆除
丸まったネズミ

侵入経路を見つける事は大切なのですが、素人が見つけるのは大変困難です。床下の基礎部分や屋根付近では手が出せないです。被害が大きくなる前に害獣駆除を専門とする業者へ依頼する事方が無難です。害獣駆除業者のスタッフはその道のプロなので簡単にネズミの行動パターンを把握できます。最適な場所へ捕獲器を設置して駆除してくれます。

害獣駆除にかかる費用は家の広さや程度にもよります。極端に安い業者や電話だけの契約はできるだけ避けるようにした方が無難です。

ネズミの発生被害
毎年一般住宅や飲食店などによるネズミの発生被害は、後を絶ちません。
発生時期として6月から10月にかけての気温の高い時期に多く発生し、ネズミ駆除を行っている業者もこの時期に忙しくなります。

ネズミは雑食なのでゴミ集積所や不衛生な環境に多く集まり、生ごみや台所に置いてある食料なども袋ごとかじってしまいます。
家の柱や配線などもかじることから、その歯はとても強靭で何でもかじってしまいます。
またネズミはたくさんのダニが生息しており、糞もいたるところにするのでさまざまな病原菌を発生させていきます。

ネズミの種類と繁殖力
被害を及ぼすネズミの主な種類として、都市などに多くみられるクマネズミはビルや天井裏に生息しています。
湿った環境を好むドブネズミは下水などに主に生息しており、周辺に自然環境のある家屋や倉庫などに生息するハツカネズミがいます。

ネズミの繁殖力はとても強く、クマネズミでは1回の出産で6~7匹の子供を産み、約2ヶ月後には生まれたネズミのメスが繁殖できる状態になっています。
次々に繁殖を繰り返す性質から、ネズミが大量発生する原因にもなっています。

専門業者によるネズミ駆除の方法
こういった被害をさまざまな害獣駆除を行っている専門の業者が、特殊な仕掛けなどをしてネズミ駆除に対応しています。

ネズミ駆除の方法としては、強力な粘着シートをネズミのルートとなっているところに設置していきます。また毒性の強い餌や特殊な薬品をまくなどして、ネズミを弱らせていきます。
ネズミを1匹でも残しておいたら繁殖する可能性もあるので、プロである業者が安全をふまえたうえであらゆる手段を使いネズミを全滅させていきます。
ネズミの被害でお困りの方は、こういったネズミ駆除を専門とした業者に対応してもらうという方法もあります。

ネズミ駆除について

Author: cloudscomic.com  :  Category: 駆除
数匹のネズミ

お店屋さんの場合ですと、ネズミが発生してしまった場合は、かなり深刻な問題になってきます。やはり、食べ物を取り扱うお店であれば、なおさらネズミ駆除を行っておかなくてはなりません。そして、ネズミ駆除については、早急に対応していかなくてはならないと言えます。

こうしたネズミ駆除等を専門として行ってくれる業者は、インターネットで調べてみますと、結構たくさんありますので、魅力的なところを探すと良いと言えます。

業者選びについて
では、どのような部分を重点的にチェックして、理想的なところを見つけていくのが良いかと言いますと、まずは価格帯になります。当然、誰であってもできるだけ安く業者を利用したいものです。ですから、価格を比較検討する必要はあります。

また、インターネットのクチコミサイトを利用して、評判の良い業者を探してみるのも良いです。口コミサイトというものは、とても重要なものとなります。実際に利用した人の感想になりますので、チェックは必要です。

天井裏で物音がしたら害獣を疑う
天井裏で物音がするようになったら害獣の存在が疑われます。ハクビシンやコウモリ、地域によってはアライグマ等も見受けられます。しかし住宅街で発生しうる害獣被害の殆どがネズミによる被害です。天井や壁の中で夜中にゴソゴソと動き回る音がしたらクマネズミが侵入した確率が高いと言えます。

いずれ居なくなるだろうと安易に考えているとある時を境に一気に繁殖します。ネズミに住みやすい環境と認識される前に対処する事が肝心です。

侵入経路を探し出す事が先決
ネズミ駆除や害獣駆除の基本は侵入経路を探し出す事です。特にクマネズミは体も小さく1センチから2センチ程度の壁の破損部分から入ってきます。壁の中に入るとあちこち動き回り、部屋の中に入って食料を得ようとします。特に老朽化した住宅の場合は自らかじって穴を開けて侵入します。人の気配がしない深夜になると穀物を食い散らかし、電話線をかじって断線させる事もあります。

まずは部屋の中を隅々までチェックして穴が無いか確認する事が先決です。